身近な女性ですら上手く行かないのに・・・遠距離なんて。

 

今あなたはこんな風に考えませんでしたか?

実は遠距離だからこそ・・・気軽に会えないからからこそ・・・壁があるからこそ・・・恋が上手く行かないあなたに向いている要素が遠距離には沢山の秘められているのです。

 

障害が大きければ大きいほど人は心を身体をたぎらせるのです!

 

まず初めに言ってしまうと遠距離での彼女作りは身近な女性にアプローチを掛けるよりも簡単で、そして女性の心を動かしやすいのです。距離がある分実際に会うまでも時間を掛けますし会うことができた時の「あの喜びと緊張」絵も言われぬ高揚感を味わうことができる。

 

距離があっては彼女作りは難しいと考えてしまう常識とは今日でお別れしましょう。

 

遠距離恋愛ってそもそも女性はどう思ってるの?

 

遠距離って近くにいないしなんだか不安な要素が多いな。

 

こう思ってはいませんか?

そもそも遠距離は面倒だし手間や時間が掛かりそうだから嫌だな・・・なんて考えている時点で身近な女性とも上手く行かなくなりますよ!恋愛は面倒で手間が掛かるもの・・・だからこそ「愛」を育める。

 

はっきり言うと「遠距離も身近な恋」どちらも手間は同じです!

 

こうは言ったものの実は遠距離恋愛は普通の恋と決定的な違いがあります・・・それは「結婚率」・・・まだそこまでは考えてない男性は多いと思いますが、これは非常に大事なことで「自分に合った女性に出会いやすい」って意味の裏返しでもあるのです。

 

どうせなら素敵な恋がしたいですよね。

 

それでは女性は遠距離での恋愛についてどう考えているのでしょうか?

身もふたもない回答ですが「人による」です・・・なんじゃそりゃ!って思うかも知れませんが、実際に女性と一括りで話していても感情や性格はそれぞれなのではっきとした答えはない。

 

ですがはっきり言えるのは女性も男性との出会いに恵まれない方は星の数ほどいるってこと。

 

つまり素敵な男性と出会える手段が遠距離であればそれを受け入れてくれます。

遠距離恋愛も身近な恋も同じなんですね!自分が素敵だと感じる相手がどこにいるかは分かりませんから、最初から遠距離は嫌だな!なんて考えていると実は運命の人は今は遠くにいる!なんてことも考えられます。

 

未来の彼女の為ならば何処へでも行っちゃいましょう!

 

遠距離恋愛で彼女を作るための女性が喜ぶ連絡テクニック

 

遠距離での恋を始めるのにもっとも大切なのは「連絡をすること」。

 

今の時代は気になる女性が何処にいようと簡単に連絡が取れます。

しかし気をつけなければならないのは、身近な距離での恋愛と違って簡単には会えない距離という壁が確実に存在することを忘れてはなりません!・・・そんなのがあるから遠距離は面倒なんだよね・・・なんて思ってはいけません!

 

遠距離恋愛は離れた距離の分熱くなれる恋愛だから。

 

さてそんな熱い恋をするために連絡手段や頻度は非常に重要。

それでは連絡はどのくらいの頻度でするのがベストでしょうか?それは可能であればお互いに話し合って決めるのがベストなのですが、流石にまだお付き合いの段階ですらないのに「どのくらい連絡したらいい?」・・・・なんて聞けないですよね(笑)

 

なので具体的に言うと連絡を取り始めた期間によって変わるので詳しく説明します。

 

以下の連絡頻度はLINEかメールで考えてください!

電話はなかなか初期では会話に詰まってしまって沈黙ができてしまうので、相手の趣味や好きな話題などが分かるまでは電話は避ける方が良いでしょう。

 

また相手からの返事がない限りはしつこく送らないこと!

 

初期から1ヶ月

ある程度時間を決めて1度か2度で最大で3度までと決めれば嫌がられない。

内容は軽い「おはよう」とか「おやすみ」程度のあいさつ程度でも十分です!まずは連絡を取ることを日常化するのが狙い。

 

初期でもっとも大切なことは連絡ペースを完全に相手に合わせる事です!

 

いくらおしゃべりが好きな女性とはいえ・・・疲れている日もあれば忙しく携帯にあまり触れずに一日過ごす時もありますので、あくまでペースは女性主体にしましょう。

 

とはいえ男性側は必ず女性から連絡を貰ったらその日のうちに必ず返事をすること。

 

この必ず返すっと言うのが後々に大きなターニングポイントとテクニックに繋がります。

 

 

連絡開始から1ヶ月から2ヶ月

この期間連絡を取り合えていれば、その女性を口説ける日はもう目の前!

連絡の内容も口説くための情報収集に変えて良いでしょう!つまり「何が好き?「どんな事したい?」「憧れは?」などの女性の趣向を自然に探れる時期です。

 

中期で大切な事は相手の思考や趣味を知る事。

 

連絡頻度は会話が続く限りお互いのペースで相手の負担にならない程度に!

連絡が日常化して普通の連絡が取れるようになってからが、本当の勝負が始まりますので気を緩めいで下さい。あくまで女性主体で連絡ペースやメール・LINEの長さは相手に合わせた長さにしましょう。

 

 

3ヶ月以降から

ここからは彼女になってもらうための期間。

「彼女を作る」ために今まで頑張って、タネを撒き続けてきたのでしっかり収穫できるように最後の詰めを誤らないようにします。

 

ここからの連絡はさり気なくこちらに引き込むテクニックを使っていきましょう!

 

今まであなたはしっかりとペースを守って連絡をしていれば以下のテクニックを使う事が可能。

 

1、わざと連絡をしない!または返さない!

2、LINEを既読にしない!

3、彼女が起きてるであろう時間までに意表を突いて「電話」をする!

 

どう言うこと?・・・っとなった男性のために説明しましょう。

何故今まで必死に彼女からの連絡にしっかりと返事をしていたのに、この収穫時期にそんな嫌われそうなことをするんだ?・・・こう思ったことでしょう!しかし実は今までしっかり連絡を欠かさずしてきたのは、このワンテクニックを使うためだけに仕込んできたのです。

 

収穫時期にはあえて女性を少し不安にさせる揺さぶりが有効。

 

しっかりといつも連絡を返してくれるあなたが、今日は突然既読も付かない・・・もちろん返信もない・・・女性は不安になりあなたをいつも以上に「気にしますよね」これが需要であなたを気にしてるってことを女性自身に気がつかせる必要があるんです。

 

気になる=好きっと感じる女性が多い。

 

女性に男性とのお付き合いのきっかけを聞くと、「なんとなく気になりだして・・・好きになっていた」と言う事が多々あります。

 

1、ただの知り合った人

2、良く連絡をくれる人

3、話しやすい人

4、話したい人

5、気になる人

6、好きな人

 

こんな感じで順を追って恋愛はステップアップしますが、「気になる人」になれることと!それを女性に気がつてもらう事が最も好きな人になるための重要ポイント。

 

 

遠距離恋愛の上手くいくコツのまとめ

 

 

今日の記事が少しでも君の役に立つと感じてくれたならば⬇️のバナーをクリックをお願いします!

クリックするだけで応援になります!よろしくお願い致します!


恋愛テクニックランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村